セッケル症候群という珍しい病気で生まれた、みっちゃん。お兄ちゃんたちのことも織り交ぜて、健常児・障害児の枠を超えて育児や日々のあれやこれやを綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
母の日に
20070515165631


先週の金曜,幼稚園にお迎えに行くと,担当のY先生が,
「お母さんにどうぞ。って」とみっちゃんに声をかけながら,みっちゃんに手を添えてプレゼントを渡してくれた。

すっかり忘れていたので(自分が母達に何を贈るかは考えていたけど)思いがけないプレゼントに嬉しくてついウルウルしてしまった。
みっちゃんからプレゼントをもらえる日がくるなんて思ってもいなかったし。

軽紙粘土で作ったマグネットは,一つはみっちゃんが握った形をそのまま生かしたものでよく見るとくぼんだ指跡がある。色も一緒に塗ってくださったらしい。
もう一つの方は,先生が丸くしたものを,みっちゃんにペタペタ叩かせて平らにし,あとは先生がみっちゃんの好きなムシを粘土で薄く作り上から貼り付けてくださった。

写真飾りは,切り抜いてあるいろんな形の色画用紙を担任のS先生と糊付けして飾ってくれたとか。中には家庭訪問のとき,S先生が撮ってくださったみっちゃんとのツーショット写真が入っていた。

母の日にこんな素敵なものをもらえるのも今年までかな。
お兄ちゃん達も幼稚園に通っていた頃は毎年,廃品をいろんな工夫できれいに仕上げた写真立てやリモコン立てなどをプレゼントしてくれていた。どれもまだ家の中で現役として活躍中。
ただ・・・,いつのまにかみっちゃんのイタズラの餌食になってしまい,飾りははげ放題なんだけどね(_ _;)

学校に上がってからは,授業でそんな製作はないし,子供達も「母の日」は,私達が母に何かを贈ったり一緒に食事したりするから,ただ,そんなイベントのある日くらいにしか思っていないようだった。

でも,今年は,次男が夕食の準備中にみっちゃんのくれたプレゼントに気付いて
「母の日だからボクのお小遣いで洋服でも買ってあげようか」
と言ってくれた。その後すぐ
「何百円じゃ買えないか・・・。う~ん,何がいいかなー?」
と言っていたので,
「じゃあ,お手伝いをいっぱいしてくれる?」
とお願いした。
「うん,いいよ!」
とかわいいことを言ってくれた次男だったが,その後,すっかり忘れていつもと変わらず自分の遊びに忙しかった。
ま,気付いて何かしてあげよう!という気持ちを一瞬でももってくれたことに感謝!君達がいるから私は頑張れるんだからね。
スポンサーサイト
page top
みっちゃん入園・・・そして母は
みっちゃんの入園式から丸1ヶ月が経つというのに,私のブログは相変わらずの更新遅滞。時間を作るのがヘタなところはすぐには変えられず,こんなブログでも楽しみにしてくださっている方には申し訳ない限りですm(_ _)m

実は1日保育が始まってからも,1日自由にできた日(予定がなかった日)は1日だけだったのです。おまけにその日は久々のひどい頭痛で何も手につかない状態。トホホ・・・。(と言い訳)
じゃあ何をしていたかというと,幼小中それぞれの家庭訪問や参観,学級PTAに総会などに参加。家庭訪問では部屋掃除・・・普段からしとけって!

それだけなら,まだゆっくりデーも作れたのですが,なんと,私,市の
私立幼稚園連絡協議会会長(11園でローテーション。今年が会長担当園に当たっていた)という大役をお引き受けしてしまったのです・・・。
私で大丈夫なのかしら?みっちゃんもどこまで元気に通えるかわからないのに・・・。と,いろいろ悩みましたが,みっちゃんを受け入れてくださった園のためにできるお手伝いはしようと思っていたので,思い切ってお引き受けしました。
ま,これもいい勉強かな,と思いますし,また世界を広げるチャンスにもなるだろうと思います。障害を持った子のことを知ってもらういい機会にもなるかもしれませんし。(これは是非したい)

な~んて下心もあってお引き受けしちゃいました。

・・・が!引継ぎを受けて改めて,なにやらすごいことになりそうな気配・・・。本当に大丈夫なのか?と再び不安につつまれました。
ま,でも,できる範囲,できる範囲と自分に言い聞かせて切り替え。

とりあえず,今年度の事業計画,予算案つくりのためにない知恵を絞り,今日第1回目の理事会(園長先生方とPTA会長さんの集まり)をなんとか終えてきました。
いろんな意見を集約して1つにしていくのって難しい,ということを早くも学んで帰ってきたのでした^^;。(午後は小学校の参観と総会でした)
う~ん,また練り直してみよう。

明日は,園の役員会。本当は対外的なものだけさせていただくつもりだったんだけど,園のことをとりしきる会長になったのは,みっちゃんの最初の入院中に知り合ったお友達のパパで年に1度はオペのために上京するというお子さんを抱えてみえる方。おまけに夫婦で役員会にもきてくださるという素晴らしいご夫婦。これは,お手伝いしないわけにはいかない。大変なのはお互い様だからね。私も助けていただくし。

ま,そんなわけで今年は幼稚園メインの1年になりそうです。
他にもいろいろあったりしますが,その話はまたの機会に。

page top
1日入園
先週の土曜日は,4月からみっちゃんが通うの幼稚園の1日入園でした。
夫に送ってもらい,10時に園庭に行くと,受付を待つ親子がずら~っと並んでいました。
みっちゃん,抱っこばかりになるだろうな,と思ったのでバギーに乗せて連れて行きました。でも,バギーの上でもじっと動かずに待っているのは苦手なみっちゃん,園庭をうろうろしたりお友達の顔を見せて回ったり,先生に遊んでもらったりして過ごしました。人がいなくなったところでゆっくり受付。
名簿をよく見ると,男の子が女の子の2倍!この幼稚園,お兄ちゃんの時から男の子が多かったけどここまで多いとは・・・。「とにかく遊びこめ!」というのが教育目標の中核にあるからかなぁ。

受付が済んだ子から,制服等を試着しながら申込書に記入する段取りになっていたのだけど,みっちゃんはサイズがわかっていたので,試着はせず必要なものだけさっさと記入。用品などはお兄ちゃん達のが使えるしね。
ただ,帽子が問題でした。
先生と相談して制帽は購入しないことに。だって,市販で1番小さいサイズの42cmの帽子(赤ちゃん用)でもぶかぶかでかぶれないんだもの。先生が,どうしても必要な時だけ園にあるものをちょこっとのせてくださると言ってくださったのでお言葉に甘えることに。

あと,問題はカラーキャップだなぁ。
外遊びもあるから夏場とか特に必要だもんね・・・。なんとかフリーサイズのものを手直ししてみよう。
前に手作りしたことがあるんだけど,最初の型紙作りが大変!何度も広告紙で作って,糊でつけて,出来上がりの感じを確かめて・・・とそこまでに時間がかかったんだよね~。
手直しがどうしようもできないレベルだったら頑張って作るしかないけど,一応TRYしてみよう。

さて,採寸が終わり,11時になると,子供達はお預かりタイム。
保護者は遊戯室で園生活で必要なものについて説明を受けたり,園長先生のお話を聞いたりするのだ。
いざ,お部屋にお預かり,となると大泣きしだす子が多い。
70人近い新入園児が一部屋に集まる。
初めてお母さんと離れる子達もいて中には脱走しそうな勢いで泣き叫ぶ子もいる。
泣かれると親も辛い。
かくいう,我が家の長男も9年前大泣きした。迎えに行くまで先生に抱っこされ泣いていて,しっかり名前を覚えていただいたっけ。
この日も多かった。涙の連鎖もあっただろう。
みっちゃんもその部屋にいたらきっともらい泣きして泣いたに違いない。
でも,先生が,配慮してみっちゃんをはじめ,発達障害のある子達は隣室に連れてってくださった。大勢の中にいるだけでそれが苦痛になる子もいるからだ。
お陰で泣くことなく過ごせたみっちゃん。
まずはひと安心。
でも,4月から毎日通うこと,わかってるかなぁ?
楽しく通ってくれるといいな♪
page top
ありがとう♪
年が明けたと思ったら早くも1ヶ月が過ぎようとしているなんて・・・
早すぎです。

みっちゃんの七草のお祝いが終わり,兄ちゃんたちの新学期が始まって,またバタバタとした日常が戻ってきました。

日々思ったこと,感じたこと,を書こうと思っていたけれど,書けないまま時間だけが過ぎていき・・・
こうしてどんどん忘れていっちゃうんだろうな。いかんいかん・・・

忘れないうちに書いとこう!っと。

20070127004425


実は今日,私の誕生日でした。
もうばれていると思うので書きますが,40代の仲間入りをしました。
正直言って,実感はないのですが,これから何かに名前や年齢を書く際に(40)と書くようになるんだなぁと思うと年齢が1上がっただけ。とは思いがたい部分もあります。

夫がブログにお知らせしてくれた上に,「ママにお祝いのメッセージを」,なんて書いてくれたものだから,掲示板にたくさんの方が「おめでとう」とお祝いのメッセージを書いてくださって・・・感激でした。
メールやお花が届いたり,出かけたパパ行きつけの喫茶店では,おいしい手作りケーキまで用意していただいて・・・
とても嬉しかったです。
忘れられない誕生日となりました。
みなさん,本当にありがとうございました。

「誕生日は,祝ってもらう日ではなくて,みんなのお陰で今年も誕生日を迎えることができた,とみんなに感謝する日なんだ」
と以前教えてもらったことがあります。
本当にそうだと思いました。この世に生を授けてくれた両親に,
そして,これまで支えてくれた家族をはじめ,たくさんの方々に
心から「ありがとう!」と言いたいと思います。

今ここにこうして生きていられることに感謝する気持ちを忘れないようにしなくては!


朝,夫から,一緒に行った次男が選んだというネックレスをもらいました。
最近,以前なら着ることのなかったピンク系(淡い色のもの)の服を買ったりするようになったからか,そのネックレスは淡いピンクの石の周りに濃淡のピンクの細長い飾りがついたかわいいものでした。
年を考えると,私にはかわいすぎるかも?とチラッと思ってしまいましたが,それが似合うようなかわいい(無理がある?)女性になろうと思います。

夕食時(今日は出前のピザをとり,私はスープを作っただけで楽させてもらいました),
夫に「今日はお母さんの誕生日なんだよ」
と教えられ,
「このネックレス,僕が選んだんだ~」という次男の言葉を聞いた長男が,
「そうなんだぁ,おめでとう」と言いながら
「僕は何もしてないなぁ」というので,肩揉みのプレゼントをお願い
しました。
小さい頃から夫婦してよくしてもらっていたので,長男はとても上手になっています。力加減も言わなくてもわかってきてるし,
「今日はコリがひどいね」
なんてことまでわかるように・・・。
ただ,中学にあがってからは部活などで忙しく,お願いする機会も少なくなっていました。
そこでリクエストしたら,「いいよ」と肩たたきをしてくれました。
気持ちよかった~♪とっても嬉しいプレゼントだったよ。

ただ,最近,してもらっていると,みっちゃんがすかさずやってきてはバシバシとたたいてくれて・・・(本人は真似してるつもりなんだけど・・・)早々に止めざるを得ない状態になるのがたまに傷。
今日も数分が限界でした・・・

それでも充分!何より気持ちが嬉しかった♪


とっても素敵な誕生日を迎えられたことに感謝!
本当にみなさん,ありがとうございました!(パパ,ありがと!)
page top
兄ちゃんもメガネくん 他今日のこと
長男が中学校の眼科検診でB判定をもらってきていた。
1.0以上がA、0.7~0.9がBとなっている。
パパがかなりの近視なので子供達もそうなる可能性あるなぁと思い、
暗いところで本を読まない、
ゲームは1回につき20分以内、
などと口やかましく言ってきたがなかなか守れずにいた。
視力が落ちてきても仕方ないか・・・と思った。
夏休みになったら眼科に連れて行こうと思っていたので
先日、部活を休ませて連れて行った。
鼻の調子も悪いようだったので、その日は病院デーにしたのだ。

眼科の結果は思ったより悪く、
右目が0.3~0.4、左が1.0だった。
最近、「右の方が見えにくい気がする」と言ってはいたが、こんなに差があったとは・・・。
若干だが外斜視もあると言われたし、アレルギーもあると。
瞼のところは神経痛ももってるよ、とも。

先生いわく、
①親の視力が悪い 
②アレルギーをもっている
③出生時の体重が3000g未満
この3つの条件がそろうと、目が悪くなる可能性はかなり高いとのこと。
3つとも満たしてるなぁ・・・。
体重は2g足りないだけなんだけど。




つづきを表示
© 天使?小悪魔?みっちゃんと。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。