FC2ブログ
 セッケル症候群という珍しい病気で生まれた、みっちゃん。お兄ちゃんたちのことも織り交ぜて、健常児・障害児の枠を超えて育児や日々のあれやこれやを綴ります。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
帰省話(5)・・・ラスト
戻る前日・・・9日(水)

独身の上の妹が、映画に連れてってくれた。この日はレディースデーということもあり、妹は「2本見るよ!」とはりきっていた。私が見たいと思ってたものと同じだったので一緒に見た。『ゲド戦記』と『パイレーツオブ~』だ。映画館に行くのも3年前、やはり帰省したとき以来で1日に2本も見たのは初めてだった。前夜の寝不足がたたり、かなり目はしょぼしょぼだったが寝ることなく最後まで見れた。
ゲドは大きな山場(見せ場)に欠けるような気がしないでもなかった。声優の顔ぶれに内容まで期待しすぎたのかもしれないな。
パイレーツ~は、ジョニー・デップ、やっぱりいい味だしてるよなぁ(*^^*)と思いつつも、1作目の方がインパクトがあったかな、とか、3作目に続くって感じの終わり方にすっきりしないなぁという思いが残ったり。
でも、それなりに楽しめたし、子供見ててもらって、自分の時間が過ごせただけでも有意義な時間だったなぁって思う。妹よ、ありがとね!母も子守ありがと!
そうそう、この間、長男次男はもう一人の妹とその子供らと別の映画を1本見て帰ってたの。
そして、みっちゃんは、というと、1歳の姪っ子とプールで遊んでたらしい。なんと、帰省中プール遊びをしなかったのは1日だけ。でも、よく考えてみたら、金華山に行った日以外はみっちゃん、ずっと実家にいたのよね・・・。無理もないか。すっかり、水遊びの虜になっっちゃたわ。毎回あげるのにとっても苦労したもの。
20060821165433



戻る日・・・10日(木)
長いようであっという間だった7泊8日の帰省。午後3時半に実家をでるため、朝から荷造りしてそれを出しにいったり、使っていた寝具類を洗濯したりしてる間にどんどん時間は過ぎ・・・出発の時間。
夫とつきあってた(遠距離の)時も何度となく経験したし、結婚してからも帰省の度に経験してるけど、やっぱり苦手なのが空港での別れ。
飛行機に乗れば1時間ちょい。ついさっきまで一緒にいたのに・・・と思うとすごく近く感じるのに、実際は、再会までの期間の長さが距離の長さを実感させる。
小さな母の姿にちょっぴりセンチになってしまった。
が、間もなく現実に。暴れん坊みっちゃんがいたのだ。子供用プレイスペースがあったので、早速遊ばせた。次男が一緒に遊んでくれたからか、眠気からかみっちゃんは一気にハイテンションになった。
アナウンスで飛行機の出るのが遅れると聞こえた私は、そこでのんびり遊ばせていたのだが、出発時刻5分前になって流れた再アナウンスでそれが別の鹿児島便のことだとわかり大あせり。荷物と、まだ遊びたくて暴れるみっちゃんを抱え、ダッシュで搭乗案内(機内)に向かったのは言うまでもない。
ぎりぎり間にあってほ~っとひと安心。でも、それもつかの間、みっちゃんがゴキゲンナナメ君になってしまった。あれこれおもちゃやおやつでごまかそうとしたがダメで腕の中から暴れ落ちてはまた抱き上げる、の繰り返しになった。あいにく便は満席で、前には受験セミナーのグループなのか、お勉強をしてる学生さんがいた。謝りつつ、せめてシートを蹴らないように押さえるのに必死だった1時間半。
鹿児島に着いて夫にみっちゃんを抱いてもらったら、力が抜けて、ど~っと疲れが・・・。
この晩は夫にみっちゃんと寝てもらった。
帰省の間、2日目をのぞいてみっちゃんは毎晩1~2時間ずつ起きてぐずったり暴れたりしていたので、さすがに私もかなりの寝不足だったのだ。
久々にぐっすり眠ったzzz ぐっすり寝れるって幸せ・・・(*^v^*)


とまあ、帰省はこんな感じでした。
やっぱり長くなっちゃった。短くまとめる文才がなくてごめんなさい。
読んでくれた方ありがと~!
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 天使?小悪魔?みっちゃんと。. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。